院長ブログ

2006年10月 1日 日曜日

労災保険での治療

先月の土曜日の午後次のような患者様が受診されました。

当日土曜日の午前中、通勤時に駅の階段から足をふみはずし転倒。
上下顎をコンクリートに殴打し上顎前歯を3本脱臼されました。

前歯は本来の位置から飛び出し内側に倒れ、歯を支えている歯槽骨も骨折。
そのため上下の歯がかみ合わず口を閉じられない状態でした。

現在患者様は、都内の歯科大学病院で矯正治療中でしたが、当日午後は診療時間外で口腔外科医がおられなかったようで、矯正科のみを受診し矯正用ワイヤーをはずしてもらった後にご本人の判断で当院を受診されました。

当日当院には口腔外科を専門とする歯科医師が3名勤務しており、歯の脱臼と歯槽骨骨折の整復術および歯の固定処置を行いました。

現在では3本の歯は元の位置に戻り、上下のかみ合わせも回復しております。
治療も労災保険が適用されご本人の負担金はありませんでした。

上記のように当院では、労災保険での治療が可能ですので、どうぞご相談ください。

投稿者 医療法人社団聖悠会 新都心歯科口腔外科クリニック