ホーム > スタッフ紹介

スタッフ紹介

院長<医学博士> / 下川千可志 Chikashi Shimokawa

院長写真

【専門】
口腔・顎顔面インプラント(インプラント埋入・インプラント補綴)
口腔腫瘍 (良性・悪性腫瘍摘出)
顎関節症 (クリック音、開口時疼痛、開口障害)
顎顔面外傷(歯牙破折・歯牙脱臼・口腔軟組織裂傷・顎骨骨折)
唾液腺疾患
審美歯科

職歴
昭和61年3月東北歯科大学歯学部卒業
昭和61年6月第79回歯科医師国家試験に合格 (歯科医籍第99139号)
昭和61年6月歯科医師免許取得(歯科医籍第99139号)
昭和61年6月東京医科大学口腔外科学講座に入局 (臨床研修医)
昭和63年5月東京医科大学霞ケ浦病院口腔外科に出張(臨床研究医)
(平成2年5月 帰任)
平成2年6月東京医科大学病院助手
平成4年7月日本医科大学多摩永山病院救命救急センターにて研修(平成4年12月帰任)
平成5年4月厚生省HIVサーベイランス委員会班友委員に推薦される
平成5年4月文部省科学研究費を助成される(一般研究C:課題番号05671688)
課題名「Nd-YAGレーザーの顎関節手術応用に関する基礎的研究」-家兎顎関節における熱障害について-
平成6年4月東京医科大学口腔外科学講座医局長 (平成8年3月退任)
平成7年3月医学博士取得 (学位取得番号 東医:乙第1343号)
論文名「顎関節鏡視下レーザー手術の関節円板に及ぼす影響」
平成8年2月文部省第1回歯科医師大学研修指導医研修会に参加
平成9年4月群馬県高崎市慈光会病院に歯科口腔外科医長として出向
(平成12年3月帰任)
平成13年10月東京医科大学病院口腔外科外来医長
平成14年3月東京医科大学病院退職(東京医科大学口腔外科学講座退局)
平成14年4月新宿新都心歯科口腔外科クリニック開院
平成17年2月医療法人社団「聖悠会」設立
平成23年1月「日本健康医療学会」理事就任 (委嘱)
平成23年4月東京医科大学口腔外科学講座同門会「不動会」副幹事長就任(委嘱)
平成25年2月厚生労働省の定める「歯科外来診療環境体制加算」施設基準を適合、指定許可を受ける
研究業績・著書等
平成 8年5月一般雑誌  :ESSE 「歯ぎしりについて」
平成 10年8月書籍(共著):臨床看護セレクション⑦「老化と病気の理解」
 その他、学術論文11編・学会発表23編

副院長 / 内田智 Satoshi chida

副院長写真

【専門】
口腔腫瘍(良性・悪性腫瘍摘出)
口腔・顎顔面インプラント(インプラント埋入・インプラント補綴)
口腔粘膜難治性疾患(白板症・扁平苔癬・金属アレルギーなど)
舌疾患(舌炎・舌痛症・味覚障害・口腔乾燥症)
顎顔面外傷(歯牙破折・歯牙脱臼・口腔軟組織裂傷・顎骨骨折)
有病者歯科治療(糖尿病・高血圧症・心疾患など)
審美歯科

職歴
平成5年3月日本歯科大学歯学部卒業
平成5年5月第86回歯科医師国家試験合格
平成5年5月東京医科大学口腔外科学講座に入局
平成7年4月東京医科大学麻酔科研修
平成7年10月東京医科大学八王子医療センター口腔外科学講座に出向勤務
(平成8年4月帰任)
平成9年4月慈光会病院歯科口腔外科(群馬県高崎市)に出向勤務(平成10年3月帰任)
平成10年3月東京医科大学口腔外科学講座退局(東京医科大学病院退職)
平成10年4月川崎市の歯科医院院長
平成16年3月川崎市の歯科医院退職
平成16年4月新宿新都心歯科口腔外科クリニック副院長として勤務

非常勤医 <医学博士> / 小川隆 Takashi Ogawa 東京医大准教授

非常勤医 <医学博士> / 小川 隆

【専 門】
顎関節症(関節鏡視下手術・関節造影診断)
顎変形症(顎矯正手術)
口腔・顎顔面インプラント(インプラント埋入・顎骨造成術)
口腔腫瘍(良性・悪性腫瘍摘出)
顎顔面外傷(歯牙破折・歯牙脱臼・口腔軟組織裂傷・顎骨骨折)
審美歯科

職歴
昭和59年3月日本歯科大学歯学部卒業
昭和59年6月第75回歯科医師国家試験合格(歯科意籍 第94185号)
昭和59年6月東京医科大学口腔外科学講座に入局(臨床研修医)
昭和62年2月東京医科大学病院助手
平成3年4月医学博士取得(学位取得番号 東医:乙第1112号)
論文名「顔面神経損傷後の回復過程に及ぼす低出力Nd-YAGレーザーの影響」
平成4年6月東京医科大学口腔外科学講座講師
平成4年6月東京医科大学八王子医療センター口腔外科部長に就任
平成7年3月東京医科大学口腔外科学講座助教授
平成11年10月日本口腔外科学会専門医に認定
平成17年7月新宿新都心歯科口腔外科クリニック非常勤勤務
平成14年~現在明治大学和泉校舎歯科室部長兼任
平成元年4月~平成15年3月CSK健康管理センター歯科非常勤勤務
東京医科大学口腔外科学講座に21年在職(現職)。現東京医科大学八王子医療センター口腔外科部長、東京医科大学口腔外科 学講座助教授、明治大学和泉校舎歯科医長(兼任)。
前主任教授 内田安信先生(前日本口腔外科学会理事長)に11年間、現主任教授 千葉博茂先生に10年間の指導を受け、日本口腔外科学会専門医に認定、日本HIV歯科医療研究評議員にも選出されている。

また八王子市歯科医療連携連絡協 議会会長として、地域医療の推進化に努めている。さらに東京医科大学での教育の他、八王子市立看護専門学校非常勤講師でもある。

専門は顎関節症で、関節造影診断や全身麻酔下での関節鏡視下手術の第一人者である。大学病院においては、顎変形症(顎矯正手術)、口腔腫瘍(良性・悪性腫 瘍)摘出術、顎骨骨折手術など顎顔面外傷の治療をはじめ口腔・顎顔面インプラントにおけるインプラント埋入、顎骨造成術、移植術などを行っている。

研究ではレーザー班に属しNd-YAGレーザーの臨床応用を研究、その他臨床報告などを含め、28編の学術論文、65編の学会発表を行っている。
【著書】
昭和63年レーザーの歯科への臨床応用とその基礎(クインテッセンス出版)
平成5年処方を考える(廣川書店)
平成6年歯科衛生士のための有病者歯科医療(クインテッセンス出版)
その他、学術論文28編・学会発表65編

非常勤医 <医学博士> / 渡辺正人 Masato Watanabe 東京医大臨床講師

非常勤医 <医学博士> / 渡辺 正人

【専門】
口腔腫瘍 (良性・悪性腫瘍摘出)
口腔粘膜難治性疾患(白板症・扁平苔癬・金属アレルギーなど)
口腔・顎顔面インプラント(インプラント埋入・インプラント補綴)
顎関節症(クリック音、開口時疼痛、開口障害)
唾液腺疾患
審美歯科

職歴
平成5年3月岡山大学歯学部卒業
平成5年4月東京医科大学大学院入学
平成5年5月第86回歯科医師国家試験合格
平成7年4月東京医科大学第二病理学講座に出向勤務(平成10年3月帰任)
平成9年1月東京医科大学大学院単位取得
平成10年10月日本医科大学多摩永山病院救命救急センターに出向勤務
(平成11年4月帰任)
平成12年3月医学博士取得(東医:甲第1114号)
論文名
「マウスColon26移植腫瘍の肺移転における細胞外マトリックスの発現変化の検討」
平成13年10月東京医科大学助手